VirtualBoxを使ってホスト:mac ゲスト:CentOSの開発環境を設定する

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

VirtualBoxを使ってホスト:mac ゲスト:CentOSの開発環境を設定

centos

環境

環境 ホスト:mac VirtualBox
ゲスト:CentOS 6.5

インストール前のOracle VM Virtual マネージャですること

  1. メニューのVirtualBox > 環境設定 > ネットワーク > ホストオンリーネットワーク(タブ) で新規作成(vboxnet1)する

– 作成したvboxnet1編集 > アダプター(タブ)
– ip4アドレス:192.168.56.1
– ip4ネットマスク:255.255.255.0
– DHCP(タブ)
– サーバーを有効化のチェックオフ

新規仮想マシンの作成

CentOS6.5 64bit版をインストールするので
– タイプ:linux
– バージョン:RedHat(64bit)

を選択

  • メモリ2048M
  • VMDK形式
  • ハードディスク可変8G

で作成

作成した仮想マシンのネットワークを変更する

  • アダプター1 ホストオンリーアダプター 名前に前項で登録したvboxnet1を選択
  • アダプター2 NAT

CentOSのダウンロードとインストール

CentOSは
http://www.centos.org/download/
からisoをダウンロードしておく


確認

ping

ネットワーク環境の確認

ifcfgの編集

ネットワーク環境の再起動

再起動後に再度ping等で確認

ネットワーク接続確認の後

selinuxを無効に

Enforcingだとselinuxが有効なので無効にする

に修正

ファイアーウォールをoff

有効にするため再起動

接続

mac (ホスト)側から


ヒント

サーバー側のsshプロセスを確認

ポートのLISTEN状態を確認

ルーティングを確認

ssh 詳細ログ付き接続

接続できないときのmacアドレスの確認

ネットワークアダプタのMACアドレスと

でのMACアドレスと

のMACアドレス全てが一致しているかを確認する

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks