Google Apps Script(GAS)でサンプルの動作確認をする

Google Apps Script(GAS)でサンプルの動作確認をする

まずはサンプルを作成して動作の確認をしましょう。

サンプルの作成

GAS スクリプト エディタ

google spreadsheetで[ツール] > [スクリプト エディタ]を選択します。

GAS Google スプレッドシート アドオン

プロジェクトを作成するのですが、今回はサンプルが入っている[Google スプレッドシート アドオン]を選択します。

サンプルの動作確認

GAS アドオンとしてテスト

プロジェクトを作成すると、.gsファイルや.htmlファイルなどが作成されます。引き続き動作の確認を行います。
[公開] > [アドオンとしてテスト]を選択します。

GAS ドキュメントを選択
動作させるspreadsheetを選択します。[ドキュメントを選択]押下して、選択して下さい。

GAS テスト
[テスト]を押下すると、選択したspreadsheetが開きます。

GAS アドオン
開いたspreadsheetの[アドオン]を開くと作成したプロジェクトの名前が追加されています。

GAS 承認
作成したアドオンのプロジェクトを動作させるには承認が必要となります。

GAS 許可
許可して下さい。


これで動作の確認ができました。
ソースと動作を突き合わせて、確認しましょう。

続きを読む