WordPressでMarkdownで記録し、シンタックスハイライトを適用する

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

WordPressでMarkdownで記録し、シンタックスハイライトを適用する

markdownの適用

当ブログはmarkdownで記述しています。

wordpressをmarkdownで記述するのはjetpackを使用します。

プラグインをインストールして有効化した後、設定からmarkdownを有効にするだけです。

ちなみにgithub製のatomを使って、Markdown Previewを使うとプレビューを見ながら
書けて、とても効率がいいですね。

シンタックスハイライトの適用

Crayon Syntax Highlighterを使用してハイライトしています。

markdownとの相性が良く、(他のプラグインではmarkdown形式では適用されないものもありました)
対応言語が非常に多く、細かく設定ができる為、このプラグインに決めました。

注意点

<が&lt;、>が&gt;と表示されてしまいますので対応しましょう。
プラグイン > インストール済みプラグイン で Crayon Syntax Highlighter の編集リンクを選択して、編集モードにする。

crayon-syntax-highlighter/crayon_formatter.class.php
プラグインファイルの中からhtmlspecialcharsを呼び出している箇所をコメントアウトします。

crayon-syntax-highlighter/langs/default/operator.txt
から以下の3行を削除

これで綺麗にソースコードがシンタックスハイライト表示されるようになりました。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks